上下の丈を測る時の注意点

カーテンの上端はココから測ろう

カーテンの採寸は、仕上がりの美しさを決める、最も重要なポイントです。決して、窓のサイズ、イコール、カーテンのサイズではありません。まず、上部に関しては、カーテンレールについているランナーの下端から測ります。ランナーとは、カーテンフックを引っかける、小さなリングのことです。ドレープの場合も、レースの場合も、同じ測り方をします。間違っても、カーテンレールの上から測らないようにしましょう。カーテンレールの上から測った寸法でつくった場合、長すぎてカーテンの裾が余ってしまったり、無理やり吊るせたとしても、カーテンレール付近でカーテンの上端がゴチャゴチャしてしまい、シルエットが美しく出なくなってしまいます。

カーテンの下端は窓の形状を考えよう

カーテンの下端は、窓の形状によって必要な長さが異なってきます。腰窓の場合は、光漏れを防ぐために、カーテンは長めのサイズでつくります。ひとまず窓枠の下まで測り、15センチ程度プラスするようにしましょう。腰窓の手前に、机などの家具を置く場合は、スムーズに開け閉めができるようにするために、家具の高さとの兼ね合いを考慮するようにします。また、掃き出し窓の場合は、カーテンが床を引きずってしまわないように、床より5ミリから1センチ程度短くするようにします。レースカーテンのサイズを測る際は、ドレープカーテンの裾から見えないようにするために、ドレープカーテンの長さよりも1センチ程度短くするようにしましょう。そうすることで、仕上がりがキレイになります。